ウォーターサーバー塩素臭はしないがカビやプラスチック臭い事がある?

よいことばかりではない多少のデメリットもあることは人気ウォーターサーバーのメリットデメリットをリアルな口コミで解説してきました。

ウォーターサーバーの最大の敵ともいえるのがたまにあがる口コミの「臭い」です。私自身色んなウォーターサーバーの水を飲んできましたが、実は私自身で臭いが嫌でこのウォーターサーバーは駄目だと感じた事がありません。第三者の口コミも嘘ではないこともあるので一応こういうこともあるよ程度に捉えてください。

ウォーターサーバーのカビ臭いとビニール臭い原因を予測してみる

まずウォーターサーバーで臭いが気になると批判的な口コミをつぶやいている人の契約しているメーカーを探っていきました。すべてのメーカーがどれかはわからなかったのですが、共通してわかったことがあります。

それは、ウォーターサーバーの水がビニールなどのパックの使い捨てタイプであったことです。単純にビニール臭がしたというのは、管理の問題で起きている可能性があります。

水は日の光に当ててしまう事で傷みます。水の中にある微量な不純物やミネラルに影響が出てくるためです。完全に真空状態と言えるわけではないのでやはり日の光に当てないところで管理するのが得策でしょう。

本当に稀かもしれませんが、宅配の仕方が悪く届いてすぐに水が傷んでいたと言うケースも可能性としてはゼロではないです。しかし確率としては相当少ないと思うので、管理で臭いがあったという不運は防ぐ事が出来ると思われます。例えば、やってはいけない管理方法としては、大量にストックの水を注文し、置く場所が無かったから外に置いてしまったとか、ウォーターサーバー自体が、日当たりの良い場所に設置していた。こういたことはなるべくさけましょう。

カビに関してですが、これは難しいですが、誤って水漏れしてしまった時などに漏れた水をそのままにしていたりしませんか?例えば、そこに運悪くカビ菌が飛んできた。それを放置していれば当然カビが発生しても不思議ではありません。

ですので使い捨て、カビに関しては回収式のボトルでもですが、衛生面の管理としては、飲みきった後に必ず消毒と乾いたキッチンペーパー等で無駄な水をふき取ることが大切であると考えます。

衛生面で言うと塩素が入っていない水は傷むのが早いと言う話

衛生面でいうと塩素が入っていない水は傷むのが早いと言う話をご存知ですか?これはメリットをとったばかりのデメリットともいえるのですが、元々水道水が暮らしの中にあるのに有料でウォーターサーバーの水を買う理由はカルキの臭いが嫌だからですよね。

あのカルキ臭さの原因の元は塩素が入っているからなんですが、ウォーターサーバーには塩素が入っていません。水道の水は水道法で管理され、ウォーターサーバーの水は食品衛生法で管理されているので塩素を入れなくても基準を満たしていれば販売が出来るのです。

その結果、水は適切に管理しないと傷むのが早いです。日の光に当てないことくらいを意識するのと、購入頻度は1カ月単位で消費するくらいを心がけたほうが良いかと思います。